害獣や害虫からの被害対策で邪魔されない住まいづくり

業者による駆除

害獣駆除を行う場合の注意点

insects

日本では環境の変化から害獣と指定される動物が増えています。多くは山などに生息していますが、季節や環境によって人里に出現することがあります。イノシシなどは人里へ現れる可能性が高く、その発見報告も年々増えています。そして人間への警戒心から攻撃的になる場合もあり、遭遇すると危険です。害獣駆除を行う場合は対象となる動物によって対処法も異なります。イノシシなどの危険動物が対象の場合は個人で対応するのは難しく、害獣駆除を専門とした業者へ依頼することが望ましい対処法です。家の周辺に食べ物を置かないことや遭遇した場合は刺激せずに立ち去るなど工夫をすることで被害を抑えられます。害獣駆除を個人で行う場合は対処法を調べてから行うことで危険を回避できます。

害獣の被害を最小限に抑えるための活動

害獣の多くは本来盛りなどに生息しており、人里へ出現することはありませんでした。しかし環境破壊などから餌を求めて人里へやって来るケースが増えています。現在では害獣の被害を防ぐために市町村が予防策を行っており、人里へ現れないように様々な対策を行っています。そして環境破壊を防ぎ、森林保護を行うことで害獣が森から出ないように対策が行われています。しかし害獣には猫なども含まれており、野良猫による被害が増えてきています。野良猫などの害獣駆除は保健所が対応しており、定期的に野良猫を捕獲する活動を行っています。様々な害獣が存在しますが、それを駆除するだけではなく生息する環境を元通りにすることで人間への被害を抑えようという活動が行われています。