害獣や害虫からの被害対策で邪魔されない住まいづくり

ゴキブリ対策の必要性

春からの季節に注意しよう

insects

基本ゴキブリは一年中います。本当に寒くなる1月2月はあまり活動しませんが、クーラーの室外機内で暖をとったりしなから潜みますので要注意です。なので暖かくなる4月頃からゴキブリ退治の対策を始めましょう。まず、基本的なことですが外も室内も食べ物の放置は絶対やめましょう。物を散乱させたままは隠れやすくなりますので片付けましょう。クーラ内も注意してください。マメにフィルター掃除をして清潔にしましょう。ゴキブリ退治に欠かせない置くタイプの薬も室内と外と両方に設置します。ゴミ箱の隅、玄関、お風呂場、ベランダ、室外機の近くにも置いてください。ポイントは隅に寄せておくといいでしょう。これでゴキブリ退治のトラップは完璧です。

知っておくべき豆知識

知っておいたほうがいいことがあります。もし室内でゴキブリの赤ちゃんを見つけてしまったら、もしかしたら室内のどこかで卵が孵化した可能性が高いと思ってください。屋根裏、家の床下などが怪しいですがこうなってしまってからは手がつけようもありませんので迷わず煙の殺虫剤を使ってくだい。家全体に殺虫剤が行き渡るので一発で退治できます。もちろんご自身は外にいてくださいね。そして赤ちゃんゴキブリの場合、孵化の時期との差を考えて2回殺虫することをおすすめします。まだ卵の状態で使っていた場合は、効果がありません。2週間後にまた煙の殺虫剤をしてください。今年は出ないと思っても毎年ゴキブリに侵入されない予防からしておくのが賢明です。