害獣や害虫からの被害対策で邪魔されない住まいづくり

ハクビシンの対策

住宅街でも珍しくない害獣による家屋の被害

insects

ハクビシン駆除というと、自然が豊かな農村地帯への被害をイメージしがちですが、実は人が多く住んでいる住宅街において、その依頼は多く見受けることが出来ます。 ハクビシンとは、イタチやアライグマとよく似た小動物になりますが、鼻筋が白くなっていることが特長になります。 外来種であると言われていますが、実のところはハッキリしていないとも言われています。 ハクビシンは、木登りなどを行なうことが出来るため、電信柱などを利用して民家やその敷地内に侵入するケースが多くなります。 民家で多く見られる被害としては、家庭菜園やペットの餌が食い荒らされる、屋根裏などに棲みついて、家屋に影響を及ぼす、などが代表的な例となります。

害獣駆除の一般的な流れ

ハクビシン駆除を行う方法ですが、ホームセンター害獣除けのネットなどが売られていますが、根本的な解決には至らないケースが多くなります。 そのため、本格的にハクビシン駆除を行うには、プロの駆除業者の手を借りるケースが多くなります。 ハクビシン駆除を行うには、自治体から特別な許可を得る必要があります。そのため、駆除業者では、様々な方法を用いて、ハクビシンなどの害獣対策に当たります。 特に、民家の屋根裏などに棲みついたハクビシンは、特殊な燻製式の薬剤などを用いて、まずは家屋から追い出す必要があります。 ハクビシンがいなくなったことを確認することが出来ると、消毒などを行います。 その後、侵入経路に金属製の網等を取り付けます。